コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二酸化ゲルマニウム にさんかゲルマニウム germanium dioxide

1件 の用語解説(二酸化ゲルマニウムの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

にさんかゲルマニウム【二酸化ゲルマニウム germanium dioxide】

化学式GeO2。無色の固体で,水に可溶性六方晶系に属する結晶と,不溶性正方晶系に属する結晶とがある。転移温度は1033℃で,水溶性のほうが低温で安定である。正方晶系の結晶の密度は6.24g/cm3で融点1086℃。一方,六方晶系の結晶の密度は4.23g/cm3と比較的小さく,融点は1116℃である。密度は熱処理のしかたによりやや変わる。融解したものを急冷すると水溶性の非晶質の固体が得られる。水に不溶性のものは酸にも不溶であるが,濃アルカリには徐々に侵される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

二酸化ゲルマニウムの関連キーワードアセチレンクロラール酢酸エチル酢酸ビニル四エチル鉛四塩化炭素シクロヘキサン抱水クロラール硫酸ナトリウム可溶性

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone