コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二重らせん(二重螺旋) にじゅうらせんdouble helix

翻訳|double helix

1件 の用語解説(二重らせん(二重螺旋)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

にじゅうらせん【二重らせん(二重螺旋) double helix】

ワトソン=クリックモデルともいう。1953年に,J.D.ワトソンとF.H.C.クリックがDNA立体構造として提唱したモデル(図)。ウィルキンズM.H.F.WilkinsやフランクリンR.E.FranklinによるX線回折データとE.シャルガフなどの塩基組成分析を基にして考えられたものである。その特徴として以下のことが挙げられる。(1)2本のDNA鎖が互いに逆向きに並び,10塩基で1回転の右巻き二重らせんを作っている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の二重らせん(二重螺旋)の言及

【遺伝学】より

…これはウイルスの増殖に必要なのはDNAであることを示唆したものである。続いて,J.D.ワトソンとF.H.C.クリック(1953)はDNAの分析的データを完全に満足させる構造として,二重らせんモデルを提案した。このモデルは4種のヌクレオチドからなるDNA分子がいかに容易に多種類の遺伝子をつくりうるかということだけでなく,生物のもっとも重要な特性である自己増殖がどのような機構でおこるかを複雑な説明なしに人々にわからせた点で画期的なものであり,短期間にDNAを遺伝子の本体として認知させることに成功した。…

※「二重らせん(二重螺旋)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone