コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

塩基対 エンキツイ

4件 の用語解説(塩基対の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

えんき‐つい【塩基対】

核酸塩基の2個が特異的に対合するもの。水素結合により、アデニンチミンまたはウラシルグアニンシトシンとで形成される。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

塩基対【えんきつい】

核酸を構成する塩基が水素結合によって対合したもの。アデニンチミンRNAの場合はウラシル)と,グアニンシトシンと特異的な塩基対をつくる。DNA二重らせん構造などを安定化させるとともに対合における塩基間の特異性のために,遺伝情報の複製・転写・翻訳に重要。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

栄養・生化学辞典の解説

塩基対

 核酸の構成ヌクレオチドのうち,DNAではデオキシアデニル酸デオキシチミジル酸デオキシグアニル酸デオキシシチジル酸が塩基対を形成して二重らせんを形成する.このヌクレオチドの塩基部分が対になることを塩基対という.RNAではアデニル酸ウリジル酸グアニル酸シチジル酸が塩基対となる.

出典|朝倉書店
栄養・生化学辞典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

塩基対の関連情報