塩基対(読み)エンキツイ

百科事典マイペディアの解説

塩基対【えんきつい】

核酸を構成する塩基が水素結合によって対合したもの。アデニンはチミン(RNAの場合はウラシル)と,グアニンはシトシンと特異的な塩基対をつくる。DNAの二重らせん構造などを安定化させるとともに対合における塩基間の特異性のために,遺伝情報の複製・転写・翻訳に重要。塩基対は遺伝情報の長さの単位としても使われ,たとえばヒトゲノムは約30億塩基対と推定されている。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

栄養・生化学辞典の解説

塩基対

 核酸の構成ヌクレオチドのうち,DNAではデオキシアデニル酸デオキシチミジル酸デオキシグアニル酸デオキシシチジル酸が塩基対を形成して二重らせんを形成する.このヌクレオチドの塩基部分が対になることを塩基対という.RNAではアデニル酸とウリジル酸,グアニル酸とシチジル酸が塩基対となる.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

えんきつい【塩基対】

核酸を構成する塩基のうちの二個が、水素結合によって特異的に結合したもの。アデニンとチミン( RNA ではウラシル)との対、グアニンとシトシンとの対がある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

塩基対の関連情報