コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二重基準 にじゅうきじゅん

百科事典マイペディアの解説

二重基準【にじゅうきじゅん】

ダブル・スタンダードdouble standardとも。一般語としては文字通り〈二重の基準〉をいうが,とくに同じことをしてもその行為者が男性であるか女性であるかによって評価の基準が異なること。
→関連項目性役割男女別学

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

二重基準

77年以降、水俣病と認められるには「手足の感覚障害と視野狭窄(きょうさく)など複数症状の組み合わせが必要」との基準を満たさねばならないとされてきた。だが04年10月、最高裁は、一つの症状でも損害賠償の対象となるとの判断を示した。以後、国の認定基準と最高裁の判断が併存、「二重基準」となっていた。国の基準を司法判断に合わせて見直すよう求める声が、地元の熊本、鹿児島を中心に高まっている。

(2006-03-21 朝日新聞 朝刊 2総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

二重基準の関連キーワード新潟県・新潟市公害健康被害認定審査会ダブル・スタンダードダブルスタンダード男女雇用機会均等法タテマエとホンネWスタンダード核アナーキー核無秩序化安全保障性差別

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

二重基準の関連情報