二重深発地震面(読み)にじゅうしんぱつじしんめん

世界大百科事典内の二重深発地震面の言及

【深発地震】より

…深発地震を起こす主応力としては,圧縮応力と引張り応力の二つの場合があり,地域や深さによって異なるが,いずれの場合も主応力方向は地震面にだいたい平行であることがわかっており,この応力によってプレート内部に断層面を生じて地震が発生する。最近の高精度の微小地震観測によれば,千島―東北―関東の東北日本弧の下やアリューシャン(アレウト)弧の下では,深発地震は海洋プレートの上面付近と中心部に近いほぼ平行する二つの面に沿って発生していることが明らかとなり,二重深発地震面の存在が認められるようになった。この上面と下面で起こる地震のメカニズムには明らかな差が見られ,上面ではプレートの傾斜方向に働く圧縮応力,下面では引張応力によって起こっている。…

※「二重深発地震面」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報