コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二重真理 ニジュウシンリ

デジタル大辞泉の解説

にじゅう‐しんり〔ニヂユウ‐〕【二重真理】

哲学で、啓示理性信仰と知識)の2種類の真理が並存するというヨーロッパ中世末期の思想

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

二重真理【にじゅうしんり】

啓示に基づく信仰の真理と理性に基づく論証的真理との間,あるいは神学哲学との間に矛盾対立のあり得ることを認め,この両者を互いに独立のものとする,後期スコラ学に現れた見解

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

にじゅうしんり【二重真理 twofold truth】

後期スコラ学に現れた真理観。真理は多数あっても究極的には一つの真理(根拠)によって成立するというのがギリシア哲学の真理観であるが,これに対しキリスト教とイスラム教では,〈啓示(信仰)の真理〉と〈理性の真理〉とを区別する傾向があった。教父たちは理性は神的光をうけて作用すると考え,スコラ学は自然的認識を神学の準備または弁証として考えたので,その限りでは二つの真理は分離しなかった。しかしやがて人間理性の自然性と自存性が自覚されるに及んで両者の矛盾が意識され,哲学が神学から分かれるようになる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

二重真理の関連キーワードシジェ・ド・ブラバンヨハネ[ジャンダン]ドゥンス・スコトゥスイブン・ルシュドスコラ哲学タウレルス二重真理説オッカム