コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二階堂行光 にかいどう ゆきみつ

2件 の用語解説(二階堂行光の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

二階堂行光 にかいどう-ゆきみつ

1164-1219 鎌倉時代の武将。
長寛2年生まれ。二階堂行政の子。二階堂行村の弟。建保(けんぽ)6年鎌倉幕府の政所(まんどころ)執事となる。翌年後鳥羽(ごとば)上皇の皇子を将軍に請う使いとして京都にゆく。源実朝(さねとも)と歌の贈答があった。承久(じょうきゅう)元年9月8日死去。56歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

二階堂行光

没年:承久1.9.8(1219.10.17)
生年:長寛2(1164)
鎌倉幕府の吏僚。初代の政所の執事となった行政の子として建久5(1194)年に政所寄人となり,源実朝の時代に政所が整備されるとその別当となって,実朝の命を受けながら裁判や行政に辣腕を振るい,政所の事の沙汰について「いみじき者」と称された。幕府の法令を奉行する例が多くなり,特に実朝が政所を一層充実した建保年間(1213~19)には政所執事となって信濃守に任じられるとともに,実朝の命を奉ずる御教書の多くは行光が奉じることになった。その一方で早い段階から北条政子に親しく仕えて行動しており,政子の使者として御家人間の調停役を果たしたり,政子主催の行事の奉行を務めている。承久1(1219)年1月に実朝が殺害されると,政子の命により後鳥羽上皇の皇子を将軍に請う使者として上洛したが,難航して鎌倉に帰る。その年に政所執事を病気で辞して死去。<参考文献>五味文彦『吾妻鏡の方法』

(五味文彦)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

二階堂行光の関連キーワード執事二階堂行藤政所執事代二階堂貞衡二階堂時綱二階堂行貞(1)二階堂行実二階堂行綱(1)二階堂行頼(1)