コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二階堂行村 にかいどう ゆきむら

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

二階堂行村 にかいどう-ゆきむら

1155-1238 鎌倉時代の武将。
久寿2年生まれ。二階堂行政の子。二階堂行光の兄。和田氏の乱で功をたて,相模(さがみ)(神奈川県)大井荘をあたえられる。建保(けんぽ)7年将軍源実朝(さねとも)の死をいたみ出家。嘉禄(かろく)元年鎌倉幕府の評定衆となった。嘉禎(かてい)4年2月16日死去。84歳。法名は行西。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

二階堂行村

没年:暦仁1.2.16(1238.3.3)
生年:久寿2(1155)
鎌倉幕府の吏僚。父は行政。正治2(1200)年に幕府の推挙で左衛門尉に任じられ,元久2(1205)年には上総国(千葉県)の奉行として狼藉追捕の件の取り調べに当たった。その後,広く侍所の検断奉行や永福寺の奉行,恩賞関係の奉行となり,さらに検非違使に任じられて山城判官と称される。建保1(1213)年5月の和田合戦では軍奉行となって,その勲功の調査などに当たり,乱後に相模国(神奈川県)の大井荘を恩賞として得る。こうして幕府の評定に参加することが多くなったが,将軍源実朝の申次としても活躍し,承久1(1219)年に隠岐守になったが,行村が奉行として行われた実朝の右大臣拝賀の儀式の直後に実朝が殺害される事件が起こって出家。法名を行西と称した。その後,承久の乱(1221)では鎌倉の留守を守るなど,常に幕府政治の中枢にあって,嘉禄1(1225)年に評定衆が置かれると,これに選ばれて幕府の安定化に努め,貞永式目の制定にも参加した。<参考文献>五味文彦『吾妻鏡の方法』

(五味文彦)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

二階堂行村の関連キーワード二階堂行久(2)二階堂行久(1)二階堂行義二階堂行方

今日のキーワード

間が持てない

1 時間をもてあましてどうしたらよいかわからない。「待ち時間が長すぎて―◦ない」2 途切れがちの会話などを、うまくつなぐことができない。「無口な相手で―◦ない」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android