コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大井荘 おおいのしょう

百科事典マイペディアの解説

大井荘【おおいのしょう】

美濃国安八(あんぱち)郡の荘園。現岐阜県大垣市の中心部に位置した。奈良東大寺領。10世紀中ごろまでには見作田(げんさくでん)50余町の荘園として成立。同国厚見(あつみ)郡の東大寺領茜部(あかなべ)荘と同様,国司加納田(かのうでん)収公(しゅうこう)に対する争いの中で荘域を確実なものとし,不輸不入(ふゆふにゅう)権を獲得。
→関連項目東大寺文書

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おおいのしょう【大井荘】

美濃国安八郡(現,岐阜県大垣市)にあった東大寺領の荘園。756年(天平勝宝8)に聖武天皇によって勅施入されたと伝える。遅くとも10世紀中ごろまでには50余町の規模の荘園として成立。その後1054年(天喜2)の国司高階業敏,69年(延久1)の国司藤原隆経,75年(承保2)の国司藤原定房,87年(寛治1)の国司高階公俊によって大井荘の収公がなされようとした。国司の主張はとくに大井荘の本免田以外の加納田(籠作公田)を収公しようとするものであったが,東大寺は四至内の土地はすべて荘域であるという論理を貫き,1071年の太政官符によって領域的な荘園として認められるに至った。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大井荘
おおいのしょう

美濃(みの)国安八(あんぱち)郡にあった東大寺領荘園(しょうえん)。現在の岐阜県大垣市。成立事情は明らかでないが、東大寺は、756年(天平勝宝8)聖武(しょうむ)天皇から施入されたものと伝える。950年(天暦4)ころまでには50町余の田数が注進され、その年貢絹は花厳会(けごんえ)、法花会(ほっけえ)の料足(りょうそく)にあてられた。1069年(延久1)の荘園整理の際の国司側の主張によれば、本免田(ほんめんでん)20町にすぎなかったが、鎌倉初期の1214年(建保2)には見作田(げんさくでん)172町余に拡大されている。当荘の発展に力を尽くしたと伝えられる大中臣信清(おおなかとみののぶきよ)の子孫大中臣氏が下司職(げししき)を相伝し、荘官組織の中心となった。同氏は石包名(いしかねみょう)(下司名)69町余を所有し、在地の事実上の支配者であったが、一族の内部分裂により、13世紀の後半に至り没落した。その後は公文(くもん)、田所(たどころ)、下司代による在地支配が南北朝時代まで続いたが、年貢の重圧、守護や在地の武士層による兵粮米(ひょうろうまい)・夫役(ぶやく)の賦課、大洪水による損亡などが相次ぎ、多くの農民が逃亡し、年々の未進年貢数百貫と称する事態となった。室町時代に入ると、1423年(応永30)に地下(じげ)農民の逃散(ちょうさん)がおこり、在地土豪大垣氏信(おおがきうじのぶ)、西尾直教(にしおなおのり)などによる代官請負が行われることとなり、東大寺の年貢収納の能力はほぼ完全に解体した。1543年(天文12)に定使(じょうし)行真(ぎょうしん)が在地に下向したが、収納した年貢はわずか30貫文で、東大寺に届けられたのは18貫300文余にすぎなかった。[小泉宜右]
『『岐阜県史 通史編・中世』(1969・岐阜県)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の大井荘の言及

【岩村田】より

…地名の初出は1447年(文安4)。古代の大井郷,中世の八条院領大井荘の中心集落。中世後期には守護小笠原氏の一族大井氏が支配し,その最盛期には民家6000軒,六斎市がたち,国府にまさる繁栄と伝える。…

※「大井荘」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大井荘の関連キーワード大井[町]岡山(市)佐久[市]大井(町)二階堂行村荘園整理名・名田茜部荘備中国岩村田下司代官別当荘官公文

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android