コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五十嵐喜芳 いがらし きよし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

五十嵐喜芳 いがらし-きよし

1928-2011 昭和後期-平成時代のテノール歌手。
昭和3年9月8日生まれ。四家文子,ニコラ=ルッチに師事。昭和30年日本音楽コンクールで1位特賞となる。イタリアに2度留学。帰国後リリックな美声でスター歌手として活躍。代表的な出演オペラに「椿姫」「トスカ」など。60年藤原歌劇団総監督につき,字幕スーパーを導入するなどオペラの普及につくした。平成11年新国立劇場オペラ部門の芸術監督。12年昭和音大学長。平成23年9月23日死去。83歳。兵庫県出身。東京芸大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

五十嵐喜芳【いがらしきよし】

声楽家。神戸市出身。東京芸術大学卒業。日本を代表するテノール歌手。東京芸術大学卒業後イタリアに留学。帰国して藤原歌劇団に入団し,《カルメン》《トスカ》《椿姫》などのオペラの主役を演じて一躍スターとなった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

五十嵐喜芳の関連キーワード萩原 和子声楽家瑞宝章

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android