(読み)イ

デジタル大辞泉の解説

い【五】

ご。いつつ。いつ。多く他の語の上に付いて複合語として用いられる。「十(いそ)」「百(いお)」

いつ【五】

ご。いつつ。声を出して数えるときの語。「、む、なな、や」
ご。いつつ。名詞の上に付いて用いる。「文字」「柱」

ウー【五】

《〈中国語〉》数のご。いつつ。

ぐ【五】

丁半ばくちで、5の数をいう。
「―一、―六、―三と三ばいきってな」〈洒・卯地臭意〉

ご【五】

数の名。4の次、6の前の数。いつつ。いつ。「四のの言う」
5番目。第5。
[補説]金銭証書などで間違いを防ぐために、「」を用いることがある。

ご【五】[漢字項目]

[音](呉)(漢) [訓]いつ いつつ
学習漢字]1年
〈ゴ〉
数の名。いつつ。「五穀五色五臓五輪
五番目。「五更
〈いつ〉「五日
[名のり]い・いず・かず・ゆき
[難読]五百(いお)・五十鈴(いすず)・五十(いそ・いそじ)五加(うこぎ)五月蠅(うるさ)い五月(さつき)五月雨(さみだれ)七五三縄(しめなわ)五倍子(ふし)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

い【五】

ご。いつつ。多く他の語の上に付いて複合語として用いられる。 「 -百(いお)」 「 -十(いそ)」

いつ【五】

数のいつつ。ご。多く名詞の上に付いて接頭語的に用いられる。 「 -柱」 「 -文字」
ご。いつつ。数を数えるときに用いる。 「 -、む、なな、や」

ウー【五】

〔中国語〕
いつつ。ご。

ぐ【五】

博打ばくちで、さいころの五の目。 「いま〱しくなつて来て、-一・-六・-三と/洒落本・卯地臭意」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

い【五】

〘名〙 (「いつ(五)」の変化した語) 物の数を、声に出して順に唱えながら数えるときの五。多く「いそ(五十)」「いほ(五百)」などと熟して使われる。
書紀(720)景行一二年一〇月(寛文版訓)「是の五(イ)(とり)は並びに其の人と為り強力(ちからつよ)くして」

いい【五】

〘名〙 (「い(五)」を延ばして発音した語) 物の数を、声に出して順に唱えながら数えるときの五。
※童謡・お山の杉の子(1944)〈吉田テフ子・サトウハチロー〉「一ィ二ゥ三ィ四ォ 五(イ)ィ六ゥ七ァ 八日 九日 十日たち」

いつ【五】

〘名〙
① 五つ。名詞・助数詞の前に直接つけて用いる。「五棟(いつむね)」「五束」「五粒」
※万葉(8C後)五・八八〇「あまざかるひなに伊都(イツ)とせすまひつつ都の手ぶり忘らえにけり」
② 物の数を、声に出して順に唱えながら数えるときの五。いい。
※年中行事秘抄(12C末)鎮魂祭歌「一(ひと)(ふた)(み)(よ)イツ六(むゆ)(なな)(や)(ここの)(たりや)
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)二「皆(みんな)がお諷(うた)ひ。一二(ひとって)、三四(みいよ)、五六(イイツむ)七八(なんなやあ)には、九(こう)と一十(いちじゅ)ヤ」

ウー【五】

〘名〙 「五」の中国音。ご。いつつ。薬種商、絵の具商などの取引や、拳(けん)の勝負などにも用いる。
洒落本・京伝予誌(1790)豊後「(チヘマ)(ウウ) 本町三丁目木ぐすり仲間唐人ふてう七匁五分といふ事」

ぐ【五】

〘名〙 ばくちで、さいころの目の五の数をいう。
※新猿楽記(1061‐65頃)「大君夫者、高名博打(ばくうち)也。〈略〉語条尽詞。謀計究術。五四尚利目(なをりめ)、四三小切目」

ごん【五】

〘名〙 五合(ごんごう)を略したもので、酒についていう。
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)三「角大(炭の銘)を抱て、劔菱(酒の銘)五(ゴン)(五合の事)といふ正月だ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

五の関連情報