コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デジタル大辞泉の解説

い【五】

ご。いつつ。いつ。多く他の語の上に付いて複合語として用いられる。「十(いそ)」「百(いお)」

いつ【五】

ご。いつつ。声を出して数えるときの語。「、む、なな、や」
ご。いつつ。名詞の上に付いて用いる。「文字」「柱」

ウー【五】

《〈中国語〉》数のご。いつつ。

ぐ【五】

丁半ばくちで、5の数をいう。
「―一、―六、―三と三ばいきってな」〈洒・卯地臭意〉

ご【五】

数の名。4の次、6の前の数。いつつ。いつ。「四のの言う」
5番目。第5。
[補説]金銭証書などで間違いを防ぐために、「」を用いることがある。

ご【五】[漢字項目]

[音](呉)(漢) [訓]いつ いつつ
学習漢字]1年
〈ゴ〉
数の名。いつつ。「五穀五色五臓五輪
五番目。「五更
〈いつ〉「五日
[名のり]い・いず・かず・ゆき
[難読]五百(いお)・五十鈴(いすず)・五十(いそ・いそじ)五加(うこぎ)五月蠅(うるさ)い五月(さつき)五月雨(さみだれ)七五三縄(しめなわ)五倍子(ふし)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

い【五】

ご。いつつ。多く他の語の上に付いて複合語として用いられる。 「 -百(いお)」 「 -十(いそ)」

いつ【五】

数のいつつ。ご。多く名詞の上に付いて接頭語的に用いられる。 「 -柱」 「 -文字」
ご。いつつ。数を数えるときに用いる。 「 -、む、なな、や」

ウー【五】

〔中国語〕
いつつ。ご。

ぐ【五】

博打ばくちで、さいころの五の目。 「いま〱しくなつて来て、-一・-六・-三と/洒落本・卯地臭意」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

五の関連キーワード二九時五九分五九秒(三〇時制)小原治五右衛門E. グリシンクインテット五文字付け五本指靴下日本銀行券誡堂宗省待ち懸く森山観溪三三五五イーブン五人組帳後五百歳十七文字群書類従三三両両朝散大夫五五百年後五百年

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

五の関連情報