コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五條珠実 ごじょうたまみ

2件 の用語解説(五條珠実の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

五條珠実
ごじょうたまみ

[生]1899.2.6. 秋田
[没]1987.8.2. 東京
日本舞踊家。五條流家元。 12歳のとき上京し,6世尾上菊五郎の最初の女弟子となり,花柳徳太郎について花柳徳次を名のる。新舞踊『惜しむ春』 (1919) ,『春信幻想曲』 (24) を自身の振付で上演し,新進女流舞踊家として注目を浴びた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

五條珠実
ごじょうたまみ

日本舞踊家。[如月青子]

初世

(1899―1987)五條流創流者・家元。本名荒川いね。秋田市生まれ。幼時から養母尾上(おのえ)お乃志に手ほどきを受け、明治末に上京。養父尾上幸右衛門が5世尾上菊五郎の門弟であった縁故で6世菊五郎に入門し、尾上要(かなめ)の名を与えられる。15歳のとき、菊五郎の許しを得て花柳(はなやぎ)流分家家元徳太郎に師事し、1919年(大正8)花柳徳次の名を許される。新舞踊運動の先達として藤蔭静樹(ふじかげせいじゅ)(静枝)と並び称される存在で、19年には『惜しむ春』、24年に『春信幻想曲』など、画期的な作品を発表。30年(昭和5)花柳珠実と改名して「珠実会」の初公演を行い、40年6世菊五郎命名による五條流を創立、五條珠実となる。『太鼓のリズム』『源氏供養』など多彩な創作作品があり、古典の『日高川』も有名。[如月青子]

2世

(1912―2005)本名小森つね。函館(はこだて)市生まれ。藤間勘吉に師事ののち、1936年(昭和11)花柳珠実の内弟子となり、翌年珠緒の名を許される。五條流創流により、五條玉緒となる。90年(平成2)2世珠実を襲名し、五條流宗家となる。このとき2世家元は、五條雅巳改め五條詠昇(えいしょう)が継いだ。[如月青子]
『大中博編『珠実舞踊七十年』(1976・舞踊界社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

五條珠実の関連キーワードリジェンダー竹下登内閣横山めぐみMAGUMIマンガ日本経済入門朝鮮映画バブル経済横浜事件シェール多段階記述様式

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone