コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五百木良三 いおき りょうぞう

2件 の用語解説(五百木良三の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

五百木良三 いおき-りょうぞう

1871*-1937 明治-昭和時代前期のジャーナリスト,俳人。
明治3年12月14日生まれ。22年上京し,同郷の正岡子規らと句作にはげむ。28年日本新聞社にはいり,34年「日本」編集長。昭和3年政教社にうつり,「日本及日本人」を主宰。大アジア主義をとなえた。昭和12年6月14日死去。68歳。伊予(いよ)(愛媛県)出身。俳号は飄亭(ひょうてい)。著作に「飄亭句日記」など。
【格言など】客断えて風鈴の音一しきり(辞世)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

五百木良三

没年:昭和12.6.14(1937)
生年:明治3.12(1870)
明治から昭和にかけての対外硬ジャーナリスト。号は飄亭。松山(愛媛県)の生まれ。最初は医学を学ぶ。明治28(1895)年『日本』に入社。33年近衛篤麿国民同盟会に参加し,同会の機関誌『東洋』の編集に協力。34年『日本』に復社し,編集長となる。36年対露同志会に参加し,38年日比谷ポーツマス講和条約に反対する国民大会を河野広中らと開く。昭和3(1928)年『日本及日本人』の政教社に入り,社主。5年ロンドン海軍軍縮条約反対運動,10年国体明徴運動に参加した。また俳人として,同郷の正岡子規と交友があった。<参考文献>『日本及日本人』351号(五百木良三追悼号)

(小宮一夫)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の五百木良三の言及

【日本及日本人】より

…関東大震災後の再建をめぐり社内が対立し,1923年に三宅雪嶺は退社。以後は五百木良三らの右翼の手に移り,45年終刊した。【有山 輝雄】。…

※「五百木良三」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

五百木良三の関連キーワード上田耕甫国際ジャーナリスト機構国際ジャーナリスト連盟唐行きジャーナリスティックジャーナリストフォトジャーナリストスポーツジャーナリストガラス乾板鈴木力

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone