五百枝王(読み)いおえのおう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

五百枝王 いおえのおう

760-829/830* 平安時代前期の公卿(くぎょう)。
天平宝字(てんぴょうほうじ)4年生まれ。光仁天皇皇孫市原王と能登女王の王子。延暦(えんりゃく)4年藤原種継暗殺事件にかかわり伊予(いよ)(愛媛県)に流される。24年ゆるされ,25年宮内卿(くないきょう)となり,桓武(かんむ)天皇の葬儀で誄(しのびごと)(故人をしたう言葉)をのべる。参議,刑部(ぎょうぶ)卿,中務(なかつかさ)卿となり,天長5年正三位。天長6年2月15日/12月19日死去。70歳。春原五百枝ともいう。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android