コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五百枝王 いおえのおう

1件 の用語解説(五百枝王の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

五百枝王 いおえのおう

760-829/830* 平安時代前期の公卿(くぎょう)。
天平宝字(てんぴょうほうじ)4年生まれ。光仁天皇の皇孫。市原王と能登女王の王子。延暦(えんりゃく)4年藤原種継暗殺事件にかかわり伊予(いよ)(愛媛県)に流される。24年ゆるされ,25年宮内卿(くないきょう)となり,桓武(かんむ)天皇の葬儀で誄(しのびごと)(故人をしたう言葉)をのべる。参議,刑部(ぎょうぶ)卿,中務(なかつかさ)卿となり,天長5年正三位。天長6年2月15日/12月19日死去。70歳。春原五百枝ともいう。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

五百枝王の関連キーワード平安時代王氏(2)海雲(1)平安典平善棟橘清野恒統親王藤原産子山田近子

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone