井上 康文(読み)イノウエ ヤスブミ

20世紀日本人名事典「井上 康文」の解説

井上 康文
イノウエ ヤスブミ

大正・昭和期の詩人



生年
明治30(1897)年6月20日

没年
昭和48(1973)年4月18日

出生地
神奈川県小田原市

本名
井上 康治

学歴〔年〕
東京薬学校卒

経歴
職工、技手、新聞記者などをし、そのかたわら「表現」「評論」などに詩作を発表。大正7年創刊の「民衆」で編集校正に従事しながら多くの詩を発表し、以後民衆詩派の詩人として活躍。9年「愛する者へ」を刊行したほか「愛の」「愛子詩集」「梅」「天の糸」などを刊行。評論集としても「現代の詩史と詩講和」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典「井上 康文」の解説

井上 康文 (いのうえ やすぶみ)

生年月日:1897年6月20日
大正時代;昭和時代の詩人
1973年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android