コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

詩史 シシ

デジタル大辞泉の解説

し‐し【詩史】

詩の歴史。「明治大正詩史
史実や人物の伝記などを詩の形式でつづったもの。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しし【詩史】

詩の歴史。
詩文で記した歴史。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の詩史の言及

【杜甫】より

…唐王朝が繁栄から衰退,統一から崩壊へ向かう激動の時代を生きた彼は,社会の混乱や民衆の惨状をみずからの苦痛として深刻に表現した。時代の実相を余すところなく歌った数々の作品が,詩による歴史〈詩史〉と称され,彼自身もまた人類最高の詩人〈詩聖〉と敬われたゆえんである。 青年時代各地を漫遊し,744年(天宝3)洛陽ですでに名だたる詩人であった李白と出会い,権威に媚びないその自由な精神に強くひきつけられた。…

※「詩史」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

詩史の関連キーワードハワード(Henry Howard Earl of Surrey)カイザー(Wolfgang Kayser)ボーン(Henry Vaughn)ジョージ・E. クランシエフョードル ソログープエミール ファゲM. ジャンロアプルデンティウスビゴンジャーリクレシンベーニフォーリエル明治大正詩史殿内 芳樹ウォートン萩原恭次郎井上 康文ソログープ日夏耿之介湯浅半月ミルトン

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

詩史の関連情報