井上之房(読み)いのうえ ゆきふさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

井上之房 いのうえ-ゆきふさ

1554-1634 織豊-江戸時代前期の武将。
天文(てんぶん)23年生まれ。黒田職隆(もとたか),孝高(よしたか)(如水),長政,忠之(ただゆき)の4代につかえ,小田原攻め,文禄慶長の役などで活躍。筑前福岡藩主となった長政の命で慶長9年黒崎城をきずき,1万6000石を領した。寛永11年死去。81歳。播磨(はりま)(兵庫県)出身。通称は九郎左衛門。号は道柏。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android