コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

井上伊兵衛 いのうえ いへえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

井上伊兵衛 いのうえ-いへえ

1821-? 江戸後期-明治時代の職人。
文政4年生まれ。明治5年佐倉常七,吉田忠七とともに京都府からフランスのリヨンに派遣され,染色を研修。最新の織機ジャカード,バッタンをもちかえり,府立西陣織工場で機械の操作,染色技術をおしえた。のち伊達弥助の工場ではたらく。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

井上伊兵衛

没年:明治14?(1881)
生年:文政4(1821)
明治期の西陣織匠。明治5(1872)年京都府織物伝習生に選ばれ,吉田忠七,佐倉常七と渡仏,リヨンで困難の末製織法を習得した。翌年帰国し,ジャカードやバッタンなどの洋式織機を日本に導入した。8年,京都府織工場(のち織殿と改称)の教授となり,新技術の指導と普及に当たった。西陣機業界のみならず日本の織物製織法の近代化に果たした彼の貢献は大きい。14年,日本の古典的な意匠を伝統的な技で織物に生かし,帝室技芸員にもなった伊達弥助の工場に就業した。<参考文献>大槻喬『西陣織物同業組合史』

(松本貴典)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典内の井上伊兵衛の言及

【織物】より

…生糸も従来の座繰りから機械製糸への転換を図るため,政府は1870年(明治3)富岡製糸場の設立を計画し,フランス人技師の指導でフランス式繰糸機300釜を設置し,またスイス人技師の指導でイタリア式繰糸機の技術導入も行った。 西洋織機の輸入は1872年,機織法の改善に着眼した京都府知事長谷信篤によってフランスのリヨンに派遣された西陣の佐倉常七,井上伊兵衛,吉田忠七の3人のうち翌年帰朝した佐倉,井上が,バッタン,ジャカード,金筬,紋彫器を携えてきたのが最初である。バッタンは緯糸を通す杼の往復運動を左右の手を使わずにできるようにした機で,1本の紐を引くだけで杼が左右に動き,緯糸を織り込むことができるから,製織能率は著しく上がり,また投杼による織物幅の制限は解除され,広幅織物の製織も可能となった。…

【西陣織】より

…洋式織機の輸入はこの事情を物語るものといえよう。1872年(明治5)京都府知事は佐倉常七,井上伊兵衛,吉田忠七をフランスのリヨンに留学させ,翌年,佐倉・井上がジャカードをはじめとする西欧式の織機類を初めて輸入した。一方,73年ウィーン万国博覧会出張に随行した伊達弥助は,各地の優れた織物に魅せられて視察研究し,75年数多くの参考品を持って帰国し,西陣織の新生面を開拓することに力を尽くした。…

※「井上伊兵衛」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

井上伊兵衛の関連キーワード明治時代

今日のキーワード

118番の日

1月18日。海上保安庁への緊急通報用電話番号である「118」の啓発活動を行い、海の安全確保に努める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android