コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

井上因碩(4代) いのうえ・いんせき

1件 の用語解説(井上因碩(4代)の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

井上因碩(4代)

没年:享保4.12.7(1720.1.16)
生年:正保3(1646)
江戸中期の囲碁棋士。名人。本姓桑原,道節と号した。美濃大垣の生まれ。本因坊道策門下とされるが,年齢は1歳違い。元禄3(1690)年,2代井上因碩(道砂)の養子となり跡目。同9年,3代因碩(後年4代と系図書き変え)を継いだ。同15年,道策の遺言で5世本因坊道知の後見と「碁所を望まぬ」ことを頼まれる。しかし,宝永5(1708)年名人となり,7年免状発行に際し碁所となった。井上家で,中村道碩,幻庵因碩と並ぶ。同家ただひとりの名人で名人因碩と呼ばれる。名著『囲碁発陽論』がある。<参考文献>大平修三『道的・名人因碩』(日本囲碁大系)

(谷口牧夫)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

井上因碩(4代)の関連キーワード井上策雲井上道節河野元虎張栩林祐元本因坊察元本因坊道悦本因坊道知本因坊烈元安井仙角(2)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone