コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

井上得蕪 いのうえ とくぶ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

井上得蕪 いのうえ-とくぶ

?-1858 江戸時代後期の俳人。
甲斐(かい)(山梨県)の人。巒寥松(みね-りょうしょう)の門人。江戸の浅草森田町にすんでいたが,安政5年8月12日コレラで死んだ。別号に福芝斎。著作に「かり日記」「やまどり集」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

井上得蕪の関連キーワード得蕪