コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

井上智勇 いのうえ ちゆう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

井上智勇 いのうえ-ちゆう

1906-1984 昭和時代の歴史学者。
明治39年5月26日生まれ。西洋古代史を専攻し,三高教授から昭和18年母校京都帝大の助教授となる。23年京大教授,のち奈良教育大学長などをつとめた。昭和59年6月5日死去。78歳。兵庫県出身。著作に「ローマ経済史研究」「プラトン国家論」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

井上智勇
いのうえちゆう
(1906―1984)

歴史学者。兵庫県生まれ。京都帝国大学文学部史学科卒業。第三高等学校教授を経て、1943年(昭和18)京大助教授、西洋古代・中世史を担当、48年(昭和23)文学博士、教授に昇進。西ドイツ留学。評議員、文学部長などを歴任し、70年退官。その後も奈良教育大学長などを務める。その歴史学は京都学派哲学の影響下に形成され、思弁哲学的傾向が強く、宗教(キリスト教、仏教)にも関心が及ぶが、学位論文は『ローマ経済史研究』(1948)であった。その他の著書『プラトンの国家論』(1942)、『地中海世界史』(1947)、『初期キリスト教とローマ帝国』(1973)などがある。[藤縄謙三]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

井上智勇の関連キーワード昭和時代

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android