コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

井上正岑 いのうえ まさみね

2件 の用語解説(井上正岑の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

井上正岑 いのうえ-まさみね

1653-1722 江戸時代前期-中期の大名。
承応(じょうおう)2年生まれ。井上正任(まさとう)の次男。母は本多忠義の娘。元禄(げんろく)6年美濃(みの)(岐阜県)八幡(はちまん)藩主井上家2代。丹波亀山藩(京都府)藩主をへて15年常陸(ひたち)(茨城県)笠間(かさま)藩主井上家第2次初代。宝永2年老中。享保(きょうほう)7年5月17日死去。70歳。初名は正通。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

井上正岑

没年:享保7.5.17(1722.6.30)
生年:承応2(1653)
江戸中期の大名。正任と本多忠義の娘の子。元禄6(1693)年9月遺領を襲い,美濃国(岐阜県)郡上藩4万7000石の藩主となる。8年12月奏者番,以後寺社奉行兼帯(1696年10月),若年寄(1699年10月)を経て宝永2(1705)年9月から享保7(1722)年5月まで,7代将軍徳川家宣,8代将軍徳川吉宗の2代にわたり老中を務めた。この間,元禄10年には丹波国亀山(京都府),15年には常陸国(茨城県)下館5万石,同年笠間に転封。享保3年加増にて6万石を領する。元禄10年から始まった元禄の国絵図調製事業では,総裁として指揮をとった。

(泉正人)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

井上正岑の関連キーワード井上正岑近衛基煕伊奈忠治三井高平バロンハルマ辞書康熙帝デフォー近衛基熙康熙帝・康煕帝

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone