コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

井上正継 いのうえ まさつぐ

3件 の用語解説(井上正継の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

井上正継 いのうえ-まさつぐ

?-1646 江戸時代前期の砲術家。
慶長19年将軍徳川秀忠につかえ,大坂の陣に大筒で戦功をあげた。砲術の井上流(外記(げき)流)を開創,寛永15年幕府の鉄砲方となる。正保(しょうほ)3年9月13日同役稲富直賢と砲術の技量をめぐって口論,直賢を斬り,みずからも落命した。播磨(はりま)(兵庫県)出身。通称は九十郎,外記。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

井上正継

没年:正保3.9.13(1646.10.21)
生年:生年不詳
江戸前期の砲術家。井上流(外記流ともいう)の流祖。九十郎,外記と称した。播磨国英賀(姫路市飾磨区)の出身で,慶長19(1614)年徳川秀忠に仕えて大坂城の砲撃に参加した。銃器の改良工夫を特技とし,16連発,20連発などの機関銃や連城銃と呼ばれる軽便な砲架を考案している。しかし狷介な性格が災いしてか,同輩の稲富直賢との砲術の技量をめぐる口論がきっかけとなり正保3(1646)年9月13日,刃傷におよんで落命した。そのため井上家は一時断絶したが,寛文3(1663)年養嗣子左太夫正景のとき再び召し出され,子孫は幕末に至るまで江戸幕府鉄砲方を世襲した。

(所荘吉)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

井上正継
いのうえまさつぐ

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

井上正継の関連キーワード薩摩外記浅香朝光井上正英梅沢与一兵衛奥典雅黒田十兵衛酒井正重種田木工助西村忠次渡辺景綱

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone