コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

井上遅春 いのうえ ちしゅん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

井上遅春 いのうえ-ちしゅん

1775-1821 江戸時代後期の俳人。
安永4年生まれ。摂津池田(大阪府)で質店をいとなむ。江森月居(げっきょ)にまなび,黄華庵升六,菅沼奇淵(きえん),岡井眉(せいび)らとまじわる。国学に通じて和歌もよくし,池田での文学上の中心的存在であった。文政4年9月14日死去。47歳。名は正利。通称は布屋庄右衛門。編著に「呉江(ごこう)奇覧」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

井上遅春の関連キーワード遅春俳人

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android