コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

井伊直中 いい なおなか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

井伊直中 いい-なおなか

1766-1831 江戸時代後期の大名。
明和3年6月11日生まれ。井伊直幸(なおひで)の7男。寛政元年近江(おうみ)(滋賀県)彦根藩主井伊家13代となる。寛政の藩政改革をおこない,藩校稽古(けいこ)館を設立して文武を奨励,みずから砲術一貫流を創始した。藩祖直政・直孝(なおたか)をまつる井伊神社を佐和山の麓(ふもと)に建立。天保(てんぽう)2年5月25日死去。66歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

井伊直中 (いいなおなか)

生年月日:1766年6月11日
江戸時代中期;後期の大名
1831年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

井伊直中の関連キーワード小野田小一郎内藤政優内藤政義井伊直弼生年月日内藤政成内藤政文中川久教井伊直亮松平勝権平尾芹水中村子愷充真院後期海量

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android