コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐和山 さわやま

4件 の用語解説(佐和山の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

佐和山
さわやま

滋賀県中部,彦根市北部にある小山。標高 233m。西麓がかつての内湖にのぞむ要害地で,戦国時代石田三成の居城があったが,関ヶ原の戦いで落城。現在は城跡,屋敷跡,武器庫跡などが残るのみ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

佐和山【さわやま】

滋賀県彦根市の琵琶湖東岸にあり,標高約233m。かつては北麓に筑摩(つくま)江(入江内湖),西麓に松原内湖が広がり,東麓の鈴鹿山脈との間の狭小な地帯を東海道(古代の東山道,近世の中山道)が走る要害の地。
→関連項目井伊氏

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

さわやま【佐和山】

滋賀県彦根市にある山。海抜233メートル。石田三成の居城があった。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

佐和山
さわやま

滋賀県北東部、彦根(ひこね)市北部にある山。標高233メートル。かつては琵琶(びわ)湖の入江内湖、松原内湖が迫り、中山道(なかせんどう)などの街道が通る要害の地であった。中世末には丹羽長秀(にわながひで)、堀秀政(ほりひでまさ)、堀尾吉晴(よしはる)らの城砦(じょうさい)があった。1595年(文禄4)石田三成(みつなり)が入って本格的な城を築いたが関ヶ原の戦いで敗れた。1601年(慶長6)井伊直政(いいなおまさ)がこの地に封ぜられたが、土地が狭小で水利も悪いため、子の直勝のとき彦根城に移り、廃城となった。山地一帯には井伊氏による大洞弁財天(べんざいてん)堂や旧城郭の遺構が残っている。[高橋誠一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の佐和山の言及

【彦根[市]】より

…平安・鎌倉時代,彦根山中の彦根寺が観音験所として京畿一円に知られ,白河上皇はじめ宮廷人の参詣もみられた。1601年(慶長6)関ヶ原の戦の軍功によって,井伊直政が封地18万石で現在の市街地の北東方にある佐和山城主となったが翌年死去し,嫡子直継は彦根山へ築城を決め,03年より22年(元和8)の間工事を進め,以後井伊氏歴代の居城となった。 一方,城下町建設のため,古く三彦また三根の地と呼ばれた彦根,里根,長曾根の3郷を廃し,また芹川の付替え,尾末山(彦根山東端)の切崩し,四つ川水路の開通,湖沼の埋立てなどの諸工事を行った。…

※「佐和山」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

佐和山の関連キーワード湖東焼滋賀県彦根市河原滋賀県彦根市京町滋賀県彦根市新町滋賀県彦根市芹橋滋賀県彦根市出町滋賀県彦根市外町滋賀県彦根市馬場滋賀県彦根市船町滋賀県彦根市本町

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

佐和山の関連情報