コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

井出原 いではら

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

井出原
いではら

山梨・長野県境にそびえる八(やつ)ヶ岳の主峰赤岳の南東麓(ろく)、標高800~1100メートルに広がる原野。山梨県北杜(ほくと)市に属する。東には川俣(かわまた)川の峡谷を隔て念場(ねんば)原がある。火山山麓扇状地で、表面は火山灰土に覆われるが、その西部と南部には湧水(ゆうすい)があり開発が古い。他の部分は第二次世界大戦後に開拓され、酪農を中心とした。現在は、高原野菜の導入と、学校寮、民宿あるいは別荘などの保養観光地として発展しつつある。[吉村 稔]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の井出原の言及

【高根[町]】より

…八ヶ岳連峰南東斜面を占め,北は長野県に接する。南部の釜無川に近い低地は主として水田に利用され,中部の念場原,井出原などではトマト,レタスなどの高冷地野菜や果樹の栽培が盛ん。北部の清里高原は集団酪農地に指定され,近代的な酪農経営が行われる。…

※「井出原」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

井出原の関連キーワード大泉[村]高根[町]大泉

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android