コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤岳 あかだけ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

赤岳
あかだけ

長野・山梨県境にある火山。八ヶ岳連峰の最高峰で南端部を占める。標高 2899m。火山では日本第4位の高さで,コニーデ型 (→成層火山 ) を呈し,東,西,南の3方に広大な裾野を展開する。山頂部は浸食が進んでいるが,山腹溶岩流原形が保たれている。シャクナゲコメツガなど高山植物が豊富で,登山者も多い。八ヶ岳中信高原国定公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

あか‐だけ【赤岳】

山梨県北部・長野県東部の県境にある円錐(えんすい)状の火山。八ヶ岳連峰の最高峰で、標高2899メートル。山頂には高山植物が見られ、中腹針葉樹林でおおわれている。南東麓にはレンゲツツジ群落がある。八ヶ岳中信高原国定公園に属する。名の由来は、山肌が酸化し赤褐色をしていることから。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

赤岳
あかだけ

長野・山梨県境にあるコニーデ(円錐(えんすい)状)型火山。八ヶ岳(やつがたけ)連峰の最高峰。標高2899メートル。山肌が酸化しているため、赤褐色をしているのでこの名がある。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の赤岳の言及

【八ヶ岳】より

…八ヶ岳の〈八〉は特定の8峰の意味でなく,多数の峰を表したものと考えられる。狭義には主峰赤岳(2899m)を中心として南北に連なる西岳,編笠(あみがさ)山,権現岳,阿弥陀(あみだ)岳,横岳,硫黄岳,峰ノ松目などの山列を指す。近年はこれらを南八ヶ岳としてまとめ,夏沢峠以北の根石岳,天狗岳,中山,縞枯(しまがれ)山,横岳などを北八ヶ岳として,両者を合わせて南北20km以上にわたって連なる標高2200~2900mの山列を八ヶ岳と呼ぶのが一般的となった。…

※「赤岳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

赤岳の関連キーワード八ヶ岳・八ヶ嶽大雪山国立公園富士見[町]大泉[村]野辺山高原塩川(川)五島列島新魚目大雪山美し森井出原流星滝大泉横岳

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

赤岳の関連情報