火山灰土(読み)かざんばいど(英語表記)volcanic ash soil

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

火山灰土
かざんばいど
volcanic ash soil

火山灰層が風化していわゆる赤土となった細粒堆積物母材とし,表層に多量の腐植を蓄積している土壌。下層の赤土は鉄,アルミニウム酸化物に富み,2次鉱物としてアロフェンが主体となっていることから,火山灰母材の特性を強く残した間帯土壌の一種と考えられている。表層の腐植の含有率はときに 20%をこえるほど高く,団粒構造が発達し,孔隙率は 80%以上にも達する。このような軽鬆 (けいしょう) で保水性が高く黒みの強い表土は「黒ボク」と呼ばれ,畑作の利用度はかなりある。しかしリン酸吸収力が強く,塩基飽和度は低いなどの点で農業生産力はやや劣っている。腐植質アロフェン土,黒色火山性土,黒ボク土,アンド土などの命名がある。日本では北海道,東北,関東,中部,南九州などの台地面に広く分布している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

火山灰土【かざんばいど】

火山灰風化物を材料とし,表層に黒色の腐植をきわめて多量に蓄積した土壌。アロフェンに富むため腐植を結合・保持しやすく,空隙(くうげき)に富み,保水性が高く,リン酸イオンのような陰イオンの吸収力が大きい。亜寒帯から亜熱帯北部の火山地帯に広く分布。日本の火山灰土の面積は310万ha以上とみられ,農耕地の約4分の1を占める。→土壌型
→関連項目赤土アカホヤオンジ(音地)黒ボク土

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

火山灰土の関連情報