コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

井戸覚弘 いど さとひろ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

井戸覚弘 いど-さとひろ

?-1858 江戸時代後期の武士。
幕臣。天保(てんぽう)13年目付となり,長崎奉行をへて嘉永(かえい)2年江戸町奉行。7年ペリーの浦賀への再来に際し,林復斎らとともに交渉にあたり,日米和親条約,下田条約に調印した。安政3年大目付。安政5年4月7日死去。通称は大内蔵。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

井戸覚弘

没年:安政5.4.7(1858.5.19)
生年:生年不詳
幕末の幕臣。はじめ大内蔵,のち対馬守。弘化2(1845)年目付から長崎奉行に就任。翌3年琉球に通商を拒絶され長崎に来航したセシュ提督のフランス艦隊を処置したこと,嘉永2(1849)年アメリカ艦プレブルへのアメリカ人漂流民引渡しをまとめた手腕を,老中阿部正弘に評価され同年町奉行へと転じた。安政1(1854)年ペリーの再来時に米国使節応接掛のひとりとして交渉に従事し,日米和親条約を締結。さらに同年下田開港のため現地に赴き,5月日米和親条約付録(下田追加条約)に調印。同3年大目付に転じたが在任中に死亡。任侠闊達な人物であったと伝えられている。

(岩壁義光)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

井戸覚弘の関連キーワード神奈川条約伊沢政義没年

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android