コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

井沢強斎 いざわ きょうさい

1件 の用語解説(井沢強斎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

井沢強斎 いざわ-きょうさい

1705-1755 江戸時代中期の儒者。
宝永2年生まれ。京都の三宅尚斎(しょうさい)に闇斎(あんさい)学(朱子学)をまなぶ。中国の漢から明(みん)の時代にいたる諸説の総合整理をめざし,仕官せずに膨大な原稿をしるすが未完におわった。宝暦5年4月12日死去。51歳。播磨(はりま)(兵庫県)出身。名は剛中。字(あざな)は子悦。別号に灌園。著作に「明倫堂記」。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

井沢強斎の関連キーワード公慶公慶前田利右衛門公慶淀屋辰五郎忠海鶴屋南北東北空襲伊藤仁斎北村季吟

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone