コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

井沢強斎 いざわ きょうさい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

井沢強斎 いざわ-きょうさい

1705-1755 江戸時代中期の儒者。
宝永2年生まれ。京都の三宅尚斎(しょうさい)に闇斎(あんさい)学(朱子学)をまなぶ。中国の漢から明(みん)の時代にいたる諸説の総合整理をめざし,仕官せずに膨大な原稿をしるすが未完におわった。宝暦5年4月12日死去。51歳。播磨(はりま)(兵庫県)出身。名は剛中。字(あざな)は子悦。別号に灌園。著作に「明倫堂記」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

井沢強斎の関連キーワード石王塞軒本郷禿山

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android