コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

井沢蟠竜 いざわ ばんりょう

1件 の用語解説(井沢蟠竜の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

井沢蟠竜 いざわ-ばんりょう

1668-1731* 江戸時代前期-中期の神道家。
寛文8年生まれ。肥後熊本藩士。江戸で山崎闇斎(あんさい)に垂加(すいか)神道をまなぶ。のち国学・儒学を研究,博学とおおくの著作で知られた。剣術,柔術にもすぐれた。享保(きょうほう)15年12月3日死去。63歳。名は長秀。通称は十郎左衛門。別号に亨斎。著作に「広益俗説弁」「武士訓」「神道天瓊矛(あめのぬほこの)記」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

井沢蟠竜の関連キーワード買米井沢長秀アステルオニビシ吉原(遊廓)上米各務支考沈南蘋菅沼デフォー

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone