コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

井沢蟠竜 いざわ ばんりょう

1件 の用語解説(井沢蟠竜の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

井沢蟠竜 いざわ-ばんりょう

1668-1731* 江戸時代前期-中期の神道家。
寛文8年生まれ。肥後熊本藩士。江戸で山崎闇斎(あんさい)に垂加(すいか)神道をまなぶ。のち国学・儒学を研究,博学とおおくの著作で知られた。剣術,柔術にもすぐれた。享保(きょうほう)15年12月3日死去。63歳。名は長秀。通称は十郎左衛門。別号に亨斎。著作に「広益俗説弁」「武士訓」「神道天瓊矛(あめのぬほこの)記」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

井沢蟠竜の関連キーワード常行赤松沙鴎新井寒竹植村信安大矢白鵠諏訪忠虎田代紫紅中尾槐市宮城春意安見晩山

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone