コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

井鳥巨雲(読み)いとり きょうん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

井鳥巨雲 いとり-きょうん

1650-1721 江戸時代前期-中期の剣術家。
慶安3年生まれ。井鳥景雲(けいうん)の父。仙台藩士氏家五郎右衛門の子。江戸にすみ,同藩の樋口(ひぐち)元雲に弘(こう)流をまなび,無住心剣(むじゅうしんけん)流の小田切一雲の影響をうけ,雲弘流をおこす。延宝7年仙台藩を辞し,土器(かわらけ)町(港区飯倉(いいぐら)町)に道場をひらいた。享保(きょうほう)6年11月死去。72歳。名は為信(ためのぶ)。初号は元風。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android