コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

納戸方 ナンドカタ

世界大百科事典 第2版の解説

なんどかた【納戸方】

江戸幕府の職名。将軍手もとの金銀・衣服・調度を管理・出納し,諸大名・旗本らからの献上金銀・諸物,諸大名・旗本らに賜与する金銀・時服などのことを取り扱った。納戸江戸時代以前は納殿と称し,衣類・諸器具を蔵するところで,出納をつかさどる役人がいたが,職名が定まったのは江戸時代であり,最初は小姓の兼役が過半であった。納戸方の長官を納戸頭といい,1635年(寛永12)初めて2人が置かれた。48年(慶安1)9月に収蔵・購入をつかさどる元方(もとかた)と下賜品を扱う払方(はらいかた)に分かれ4人に増員されたが,1792年(寛政4)閏2月この区別を廃し2人に減員された。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

納戸方の関連キーワード浦上弥五衛門江戸幕府板垣退助小納戸納戸役大納戸

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android