コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

井鳥景雲 いとり けいうん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

井鳥景雲 いとり-けいうん

1701-1782 江戸時代中期の剣術家。
元禄(げんろく)14年生まれ。井鳥巨雲の子。病弱のため父から道統をつげず,発憤して父の門人鈴木定長(従兄)の薫陶をうけ,雲弘(うんこう)流の奥義をきわめる。享保(きょうほう)9年江戸で熊本藩主細川家につかえ,宝暦5年熊本にくだり,藩校時習館の剣道師範となる。剃髪(ていはつ)し,母方の姓道島をもちいて調心と号し,影法師と称した。天明2年9月4日死去。82歳。名は為長(ためなが)。
【格言など】有とすればなし無とすればある世の中の月だにうとき夜半の影法師(自像賛)

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

井鳥景雲の関連キーワード井鳥巨雲道島調心井鳥為長

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android