コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

些勧 チトカン

デジタル大辞泉の解説

ちと‐かん〔‐クワン〕【×些勧】

[連語]《「ちと」は少しの意。「かん」は「かんじん(勧進)」の略》勧進比丘尼(びくに)が喜捨を乞うときに言う語。ちとかんじん。
「―、観ずれば夢の世や」〈浄・歌念仏〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちとかん【些勧】

( 連語 )
〔「ちと」は少しの意、「勧」は勧進の略〕
熊野比丘尼びくにが勧進のために喜捨を乞うときにいう語。 「 -、観ずれば夢の世や/浄瑠璃・五十年忌

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

些勧の関連キーワード勧進比丘尼勧進

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android