些勧(読み)チトカン

デジタル大辞泉の解説

ちと‐かん〔‐クワン〕【×些勧】

[連語]《「ちと」は少しの意。「かん」は「かんじん(勧進)」の略》勧進比丘尼(びくに)が喜捨を乞うときに言う語。ちとかんじん。
「―、観ずれば夢の世や」〈浄・歌念仏〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちとかん【些勧】

( 連語 )
〔「ちと」は少しの意、「勧」は勧進の略〕
熊野比丘尼びくにが勧進のために喜捨を乞うときにいう語。 「 -、観ずれば夢の世や/浄瑠璃・五十年忌

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android