コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御免 ゴメン

デジタル大辞泉の解説

ご‐めん【御免】

正式に免許・認可することを、その決定を下す者を敬っていう語。「名字帯刀がご免になる」「天下ご免
役職などを解かれることを、その決定を下す者を敬っていう語。「お役がご免になる」
嫌で拒否する気持ちを表す語。もうたくさん。「戦争は二度とご免だ」
過失などをわびるときや許しを乞(こ)うときに言う語。「遅くなってご免
他家を訪問したり辞去したりするときに言うあいさつの語。「ご免、お邪魔するよ」「では、ご免

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ごめん【御免】

免許・許可の尊敬語。 「お出入り-になる」 「天下-」 「木戸-」
免官・免職の尊敬語。 「お役を-になる」
「ごめんなさい」の略。 「さっきは-ね」
「ごめんください」の略。 「玄関で-、-と呼ばわる」
拒否・拒絶の気持ちを婉曲に表す語。 「戦争はもう-だ」 「そんな役回りは-だ」
赦免・容赦の尊敬語。 「衆会しゆえのおん座敷とも存ぜず候。-あらうずるにて候/謡曲・吉野静」
[句項目]

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

御免の関連キーワードびいどろで候 長崎屋夢日記島根県出雲市平田町高上がり・高上り冷え物でござい大饗五郎左衛門市川右太衛門吉原御免状遊ばせ言葉こんにちは真っ平御免ちろちろ目被る・蒙る寛政力士伝御免蒙る吉良義央大社元七本郷泰固中野良子金輪奈落一字拝領

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

御免の関連情報