コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勧進比丘尼 カンジンビクニ

2件 の用語解説(勧進比丘尼の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かんじん‐びくに〔クワンジン‐〕【勧進丘尼】

歌比丘尼(うたびくに)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

かんじんびくに【勧進比丘尼】

地獄・極楽などの絵巻を見せて絵解きをしたり、浄土和讃を歌ったりして勧進しつつ諸国を巡った比丘尼。のちには一種の売春婦に堕落した。歌比丘尼。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の勧進比丘尼の言及

【歌比丘尼】より

…近世の下級宗教芸能者。中世の遊行宗教者である熊野の絵解(えとき)比丘尼や勧進(かんじん)比丘尼が零落したもの。ビンザサラを伴奏とした小歌などをうたい盛場に出て売色をもっぱらとしたが,春になると無紋の地味な小袖に幅広帯を前に結び,黒木綿を折った帽子を頭に脇に箱をかかえ,ひしゃくをもった小比丘尼を連れて勧進に出た。…

【勧進聖】より

…資財募集の際には念仏や作善(さぜん)の功徳(くどく)を説いたので,結果的には仏教の民間布教につながった。中世には著名,無名の多くの勧進聖・勧進比丘尼(びくに)が回国し,寺堂の創・再建のみならず唱導文学や芸能の発展にも寄与した。近世には大寺の僧による御免勧化(ごめんかんげ)が見られたが,他方勧進聖が物乞いをする門付芸人に化す現象も生じた。…

【比丘尼】より

…中世中ごろから各地を旅し,持参の熊野那智参詣曼陀羅,熊野観心十界曼荼羅,熊野本地絵巻などを絵解きして,熊野信仰と観心という仏教教理を広めていった。また勧進(かんじん)比丘尼といわれるように,各地の社寺の修復にも努めた。しかし幕藩体制が確立する江戸時代になると,回国できなくなり,村落に定着せざるをえなくなった。…

※「勧進比丘尼」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

勧進比丘尼の関連キーワード伊勢比丘尼浮世比丘尼歌比丘尼絵解き比丘尼御寮熊野比丘尼科負い比丘尼比丘尼雪駄小歌比丘尼姿舟

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone