コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

亜元 あげん

美術人名辞典の解説

亜元

江戸後期の国学者・僧侶。京都の人。通称民部卿、号は阿元・唖言・阿幻・小竹園・葵園等、法諱は亮瑞。伊豆三島善教寺住職から江戸築地本願寺の中の妙泉寺に移る。香川景樹門十哲の一人。著書に『亜元詠草』『亜元集』等がある。天保13年(1842)寂、70才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

亜元 あげん

1773-1842 江戸時代後期の僧,歌人。
安永2年生まれ。伊豆(いず)三島(静岡県)浄土真宗本願寺派善教寺住職。のち江戸築地本願寺中の妙泉寺にうつる。香川景樹(かげき)門下十哲のひとり。木下幸文(たかふみ)らとまじわり,弟子に稲村三羽(みつは)がいる。天保(てんぽう)13年9月21日死去。70歳。通称は民部卿。号は唖言,阿元ともかく。別号に小竹園,葵園。法名は亮瑞。歌集に「亜元詠草」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

亜元の関連情報