亜〔亞〕(読み)ア

デジタル大辞泉の解説

あ【亜〔亞〕】[漢字項目]

常用漢字] [音](漢) [訓]つぐ
上位や主たるものに次ぐ。次位の。準ずる。「亜将亜聖亜流亜熱帯
化合物中で酸化の程度の低いものを表す語。「亜硝酸亜硫酸
生物学で、生物分類上の基本単位である門・綱・目・科・属・種などの、それぞれの下位単位を表す語。「亜種亜門
アジア。「欧亜東亜
(「堊(あ)」の代用字)白い土。「白亜
[名のり]つぎ
[難読]亜細亜(アジア)・亜米利加(アメリカ)・亜剌比亜(アラビア)・亜爾然丁(アルゼンチン)

あ【亜】[書名]

日本の詩雑誌。大正13年(1924)11月、安西冬衛北川冬彦、滝口武士らが中心となり中国の大連で創刊。短詩、新散文詩の試みなど、昭和初期の日本のモダニズム詩の発展に繋がる実験的作品の発表の場となった。昭和2年(1927)12月までに全35冊を刊行して終刊

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あ【亜】

( 接頭 )
オキソ酸(酸素を含む酸)の命名規則の一。中心原子の酸化数が、基準となるものより小さいことを表す。 「 -硫酸」 「 -塩素酸」 → 次亜

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

あ【亜】

〘名〙
① 「アジア(亜細亜)」の略。「東亜」「欧亜」
② 「アメリカ(亜米利加)」、また、「アメリカ人」の略。明治初期の用語で、現在は「米(べい)」を用いる。
※近世紀聞(1875‐81)〈染崎延房〉三「亜(ア)仏蘭の外国艦と戦争に及べる事」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android