コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高圧帯 コウアツタイ

大辞林 第三版の解説

こうあつたい【高圧帯】

帯状にひろがった、周囲より気圧の高い区域。この圏内では一般に晴天が続く。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

高圧帯
こうあつたい

帯状に長く伸びた気圧の高い領域。通常は高圧帯は東西方向に長く伸びている。大気大循環の一環として中緯度高圧帯亜熱帯高圧帯として現れ、大規模でしかも停滞性である。おもに海洋上で発生し、夏は優勢になる。太平洋上の高気圧は冬には東部にあるが、夏には西に伸びてくる。小笠原(おがさわら)高気圧の位置はその西の部分にあたる。[大田正次]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

高圧帯の関連キーワード亜熱帯季節風気候チベット高気圧アゾレス高気圧サバンナ気候アタカマ砂漠ハドレー循環ハルマッタン亜熱帯無風帯海岸砂漠気候地中海式気候亜熱帯高気圧地中海性気候小笠原高気圧亜寒帯低圧帯赤道低圧帯亜熱帯気候小笠原気団乾燥気候乾燥地形大気環流

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

高圧帯の関連情報