コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高圧帯 コウアツタイ

3件 の用語解説(高圧帯の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こうあつ‐たい〔カウアツ‐〕【高圧帯】

帯状にひろがる、周囲より気圧の高い地域。ふつう、亜熱帯高圧帯として現れる。⇔低圧帯

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

こうあつたい【高圧帯】

帯状にひろがった、周囲より気圧の高い区域。この圏内では一般に晴天が続く。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

高圧帯
こうあつたい

帯状に長く伸びた気圧の高い領域。通常は高圧帯は東西方向に長く伸びている。大気大循環の一環として中緯度高圧帯亜熱帯高圧帯として現れ、大規模でしかも停滞性である。おもに海洋上で発生し、夏は優勢になる。太平洋上の高気圧は冬には東部にあるが、夏には西に伸びてくる。小笠原(おがさわら)高気圧の位置はその西の部分にあたる。[大田正次]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

高圧帯の関連キーワード気圧の谷微気圧計気圧の尾根高地高み低圧帯伝線吸上げ効果香りひろがるソフター拡がる環

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

高圧帯の関連情報