コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

亜鉛中毒 あえんちゅうどく

大辞林 第三版の解説

あえんちゅうどく【亜鉛中毒】

亜鉛やその化合物による中毒。筋肉痛・発熱・吐きけ・胃痛などの症状を呈する。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

亜鉛中毒
あえんちゅうどく

工場の作業者にみられる酸化亜鉛のフューム(煙霧状粉末)を吸入しておこる亜鉛熱(金属熱)に代表される中毒で、職業病の一種。フューム吸入後2~8時間で、インフルエンザ様の悪寒(おかん)とともに発熱し、咳(せき)、頭痛、疲労感、発汗などの症状を伴うが数時間で回復する。溶接、電池製造、めっき従事者などにみられる。なお塩化亜鉛フュームを吸入すると肺炎をおこす。労働衛生上、許容濃度は気中で酸化亜鉛として1立方メートル中5ミリグラムとされている。また、亜鉛熱のような急性の吸入毒性ばかりでなく、経口毒性も知られる。亜鉛は水に溶けやすいので、缶詰の酸性飲料中にめっきに用いた亜鉛が溶け出すことがある。40ppmで金属味を感じ、675~2280ppmで吐き気を催す。大量の亜鉛を摂取すると、3~12時間後に発熱、嘔吐(おうと)、下痢などの症状をおこす。許容濃度は飲料水中で1ppmとされている。[重田定義]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

亜鉛中毒の関連キーワード化合物胃痛

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android