コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

亜鉛中毒 あえんちゅうどく

3件 の用語解説(亜鉛中毒の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

あえんちゅうどく【亜鉛中毒】

亜鉛やその化合物による中毒。筋肉痛・発熱・吐きけ・胃痛などの症状を呈する。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典の解説

亜鉛中毒

 過剰の亜鉛を吸入したり,経口的に摂取したときに起こる中毒で,疝痛,下痢,嘔吐,発熱などを起こす.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

亜鉛中毒
あえんちゅうどく

工場の作業者にみられる酸化亜鉛フューム(煙霧状粉末)を吸入しておこる亜鉛熱(金属熱)に代表される中毒で、職業病の一種。フューム吸入後2~8時間で、インフルエンザ様の悪寒(おかん)とともに発熱し、咳(せき)、頭痛、疲労感、発汗などの症状を伴うが数時間で回復する。溶接、電池製造、めっき従事者などにみられる。なお塩化亜鉛フュームを吸入すると肺炎をおこす。労働衛生上、許容濃度は気中で酸化亜鉛として1立方メートル中5ミリグラムとされている。また、亜鉛熱のような急性の吸入毒性ばかりでなく、経口毒性も知られる。亜鉛は水に溶けやすいので、缶詰の酸性飲料中にめっきに用いた亜鉛が溶け出すことがある。40ppmで金属味を感じ、675~2280ppmで吐き気を催す。大量の亜鉛を摂取すると、3~12時間後に発熱、嘔吐(おうと)、下痢などの症状をおこす。許容濃度は飲料水中で1ppmとされている。[重田定義]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

亜鉛中毒の関連キーワード塩類腺蟯虫経口感染亜鉛版虎列剌一日食物摂取量セレン過剰ビタミンA過剰リスク評価モデル砒素中毒 (arsenical poisoning, arsenism)

今日のキーワード

参院選の日程

改選議員が任期満了を迎える7月25日の前30日以内に実施される。参院選を「18歳選挙」の対象とするためには6月20日以降の公示とする必要がある。投票日を通例の日曜日とすれば、候補は7月10日、17日、...

続きを読む

コトバンク for iPhone