コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

疝痛 せんつうcolic

翻訳|colic

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

疝痛
せんつう
colic

一定の時間をおいて周期的に現れることの多い,腹部の激痛。胃,腸など消化管,あるいは胆道,腎盂,尿管など管状器官の壁に存在する平滑筋のけいれんと収縮に基づくもので,慢性化した虫垂炎や,いろいろな結石なども疝痛の原因になる。発作的,周期的であるとともに,体位,体動が影響を与えるので,患者は常に疼痛部に手を当て,患部の緊張をゆるめる姿勢をとることが多い。胃疝痛が最も多く,胆道疝痛 (胆石症) がこれに次ぐ。治療には原因除去が望ましいが,鎮痛・鎮痙薬を投与する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

疝痛【せんつう】

激しい発作的・間欠的な腹痛。胆石の総胆管閉塞(へいそく),尿路結石腸閉塞などの際に起こり,患者は,冷汗を流し,七転八倒苦しみを訴える。治療は原因療法のほか,局所の加温,鎮痛薬・鎮痙(けい)薬の投与など。
→関連項目

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

せんつう【疝痛 colic】

俗に〈さしこみ〉といわれる痛みで,腹部の中空の臓器(胃,腸,腎盂(じんう),尿管,膀胱,子宮)などの壁をつくる平滑筋の異常収縮によって起こる。痛みは深在性で,数分~数時間の間隔で周期的に反復する。しかし,痛みが強い場合は連続的に感じることもある。イレウス,胆石症,尿路結石胃潰瘍,回虫症などに際してみられる。【工藤 翔二】
[家畜の疝痛]
 ウシやウマにみられ,その腹部痛は臓器のいかんにかかわらず同様の症状を呈する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

せんつう【疝痛】

主に腹部臓器の平滑筋の攣縮れんしゆくによって起こる疼痛で、強い痛みが間隔をおいて繰り返し襲ってくるもの。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の疝痛の言及

【胃痙攣】より

…心窩部(しんかぶ)(みぞおち)に起こる疝痛(しぼるような強い痛み)は古くから胃痙攣と呼ばれてきた。胃痙攣は,このような症状に対する呼名であって,疾患名ではない。…

【腹痛】より

…腹痛は,その起り方と性質から3種類に分けられている。第1は,胃,腸,胆囊,膵臓などの内臓から発する内臓痛性腹痛であり,おもに腹の中心線上に痛みの部位があり,さしこむようなきりきりした痛み(疝痛)で周期的に起こり,手で押さえたり腹を前に曲げたりすると楽になることがある。胃,十二指腸,膵臓の場合は上腹部,小腸はへその周囲,大腸は下腹部に痛みがあることが多い。…

※「疝痛」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

疝痛の関連情報