コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

交通都市 こうつうとし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

交通都市
こうつうとし

都市の中心的機能が交通に依存して発達した都市。陸上交通では封建時代に主要街道に成立した宿場町水上交通では海上交通内陸水運の基地である河岸 (かし) を中心として発達した港町などが典型小田原,三島,金谷桑名,堺,博多などはいずれも封建時代の交通都市。このような交通都市は物資の輸送,人の交通などの集中を反映して商工業の発達する基盤ともなっている。なお,現代においては交通業従事人口は,工業や商業の人口と比べて少いのが普通なので,産業別人口による分類ではなく,交通路の集中点または交通手段の変換点となる地点に立地し,これに関するサービスを提供する都市をいう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

交通都市の関連キーワード海外交通・都市開発事業支援機構ゴールドラッシュバッファローセントルイス交通安全対策四日市(市)岩見沢(市)高崎(市)滝川(市)青森(市)ティチーノ下関(市)桑名(市)交易都市シカゴ衡陽新津

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

交通都市の関連情報