コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

交通都市 こうつうとし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

交通都市
こうつうとし

都市の中心的機能が交通に依存して発達した都市。陸上交通では封建時代に主要街道に成立した宿場町水上交通では海上交通内陸水運の基地である河岸 (かし) を中心として発達した港町などが典型小田原,三島,金谷桑名,堺,博多などはいずれも封建時代の交通都市。このような交通都市は物資の輸送,人の交通などの集中を反映して商工業の発達する基盤ともなっている。なお,現代においては交通業従事人口は,工業や商業の人口と比べて少いのが普通なので,産業別人口による分類ではなく,交通路の集中点または交通手段の変換点となる地点に立地し,これに関するサービスを提供する都市をいう。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

交通都市の関連キーワード海外交通・都市開発事業支援機構ゴールドラッシュバッファロー四日市(市)交通安全対策岩見沢(市)セントルイス高崎(市)下関(市)青森(市)ティチーノ桑名(市)滝川(市)交易都市シカゴ衡陽新津

交通都市の関連情報