コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

京せり

デジタル大辞泉プラスの解説

京せり

京都府京都市で生産されるセリ。葉のとがったものを柳葉、丸みを帯びたものを丸葉と呼ぶ。平安時代にはすでに栽培の記録がある。栽培地により「京せり」のほか「青ぜり」「お多福ぜり」「山科ぜり」の呼称がある。京都府により「京の伝統野菜」に認定されている。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

京せり[葉茎菜類]
きょうせり

近畿地方、京都府の地域ブランド。
主に京都市下京区・京都市南区・宇治市で生産されている。838(承和5)年の『続日本後記』に、京都でせりが栽培されていた記述がある。現在のような湧水栽培がおこなわれたのは約300年前頃からといわれる。浸し物和え物すき焼かす汁などに使用。京の伝統野菜。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

京せりの関連キーワード京都府京都市近畿地方

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android