コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

すき焼 すきやき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

すき焼
すきやき

肉,特に牛肉の日本独特の調理法。厚手の浅い鍋に牛肉の脂身を溶かして薄く切った牛肉を焼き,すぐに割下 (わりした) と野菜 (ねぎ,春菊,白菜など) ,しらたき,麩 (ふ) ,豆腐などを加え煮ながら,生卵につけて食べる。割下をつくらず直接砂糖,醤油,好みにより酒を入れることもある。牛肉は三重県の松阪牛,滋賀県の近江牛などの霜降り肉が美味とされる。薄くすき身した肉を味醂,醤油に浸し鉄鍋で両面を焼いて大根おろし,さらしねぎなどの薬味をつけて食べる方法もあり,鍋の代りに鋤 (すき) で焼いたのが名称の由来であるともいわれている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

すき焼の関連キーワードモーモーパラダイス伊奈長三(2代)伊奈長三(4代)かしわの引き摺り伯州一本太葱本 せきぐち器物損壊罪家族のご飯人形町今半鳥鋤/鶏鋤サーロインリブロース葉にんにくちりとり鍋あじまる南部板麩タイスキケンネ脂すき焼き鋤焼き鍋

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

すき焼の関連情報