コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

京極朗徹 きょうごく あきゆき

1件 の用語解説(京極朗徹の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

京極朗徹 きょうごく-あきゆき

1828-1882 幕末の大名。
文政11年9月17日生まれ。京極高周の5男。京極高朗(たかあきら)の養嗣子となり,嘉永(かえい)3年讃岐(さぬき)(香川県)丸亀藩主京極家7代。節倹令,封札令を施行。慶応4年朝廷の命をうけて高知・多度津(たどつ)両藩とともに高松藩征討の軍に参加した。明治15年5月11日死去。55歳。幼名は岩根。通称は栄三郎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

京極朗徹の関連キーワード古屋重壽青木一咸安部信任大村純煕九鬼精隆久留島通明酒井忠一永井直幹森忠典六郷政殷

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone