コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

京極朗徹 きょうごく あきゆき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

京極朗徹 きょうごく-あきゆき

1828-1882 幕末の大名。
文政11年9月17日生まれ。京極高周の5男。京極高朗(たかあきら)の養嗣子となり,嘉永(かえい)3年讃岐(さぬき)(香川県)丸亀藩主京極家7代。節倹令,封札令を施行。慶応4年朝廷の命をうけて高知・多度津(たどつ)両藩とともに高松藩征討の軍に参加した。明治15年5月11日死去。55歳。幼名は岩根。通称は栄三郎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

京極朗徹の関連キーワード早稲田大学ツンベリースティロライトアディノールワイマールシャカシュレーゲル(兄弟)ズールー王国狩野芳崖石川七財

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone