コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

京極高朗 きょうごく たかあきら

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

京極高朗 きょうごく-たかあきら

1798-1874 江戸時代後期の大名。
寛政10年4月24日生まれ。京極高中の4男。文化8年讃岐(さぬき)(香川県)丸亀藩主京極家6代となる。天保(てんぽう)4年丸亀港に船泊所の新堀湛甫(たんぽ)をきずく。藩校敬止堂を領民に開放。藩史「西讃府志」を作成させた。明治7年2月14日死去。77歳。幼名は友三郎。号は琴峰。著作に「琴峰詩集」「巡封詩草」。

京極高朗 きょうごく-たかあき

1824-1864 江戸時代後期の武士。
文政7年生まれ。幕臣。文久元年幕府の遣欧使節竹内保徳(たけのうち-やすのり)に随行しヨーロッパ各国を歴訪。ロシアとの樺太(からふと)(サハリン)国境画定交渉にかかわる。帰国後神奈川奉行,長崎奉行,騎兵奉行をつとめ元治(げんじ)元年大目付となった。同年10月29日死去。41歳。通称は啓之助。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

367日誕生日大事典の解説

京極高朗 (きょうごくたかあきら)

生年月日:1798年4月24日
江戸時代末期;明治時代の大名
1874年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

京極高朗の関連キーワード京極 朗徹明治時代生年月日京極朗徹

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

京極高朗の関連情報