コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

減給 ゲンキュウ

デジタル大辞泉の解説

げん‐きゅう〔‐キフ〕【減給】

[名](スル)給料を減らすこと。特に、制裁や懲戒処分として、一定期間、その人の給料らすこと。「経営不振で減給される」「減給処分」⇔増給

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

げんきゅう【減給】

( 名 ) スル
制裁として賃金の支給額を減らすこと。公務員では懲戒処分の一。減俸。 ↔ 加給

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

減給
げんきゅう

懲戒処分の一種で、一定期間職員の料の一定割合を減額して支給する処分をいう。私企業の職員に対する減給は、1回の額が平均賃金の1日分の半額か、総額が1賃金支払期における賃金の総額の10分の1を超えてはならないとされている(労働基準法91条)。
 国家公務員の場合、減給期間は1年以下、減給額は俸給の月額の5分の1以下(人事院規則12-0 職員の懲戒第3条)とされる。地方公務員の場合は条例の定めによる(地方公務員法29条4項)が、一般には1日以上6か月以下、給料およびこれに対する勤務地手当の合計額の10分の1以下を減ずるとしている。ただし、そのうち、地方公営企業(水道・交通など)の企業職員、単純な労務に雇用される単純労務職員、特定地方独立行政法人(公務員型)の職員については、民間労働者と同じく労働基準法第91条と同様の扱いを定めているのが普通のようである。[阿部泰隆]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

減給の関連キーワード鹿児島県議選をめぐる公職選挙法違反事件都教委の日の丸・君が代通達岐阜市の出張費不正請求問題日の丸・君が代訴訟の類型マタニティ・ハラスメント岐阜競輪場の不正経理問題沖縄国際大ヘリ墜落事故JR東日本の不正取水国家公務員の懲戒処分鹿児島県議選違反事件県公費不正支出問題京都市職員の不祥事公益通報者保護法隠しカメラ問題岐阜市の不祥事領収書焼却問題相撲協会の罰則事故米偽装事件東京市電争議奥村電機争議

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

減給の関連情報