コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

京極高通(2) きょうごく たかみち

1件 の用語解説(京極高通(2)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

京極高通(2) きょうごく-たかみち

1691-1743 江戸時代中期の大名。
元禄(げんろく)4年6月23日生まれ。讃岐(さぬき)(香川県)丸亀藩主京極高豊の子。庶子であったが,元禄7年4歳のとき父の遺命により異母弟の京極高或(たかもち)から1万石をわけられ,多度津(たどつ)藩主京極家初代となった。寛保(かんぽう)3年4月20日死去。53歳。幼名は喜内,内膳。初名は高澄。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

京極高通(2)の関連キーワード市川門之助呉師虔野水越後屋小中一貫教育烏亭焉馬尾形乾山亀井南冥大清一統志タスコ

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone